トップイメージ
自動車の損害保険には任意保険あるいは自賠責保険といった2つの種別があるのです。任意保険、自賠責保険ともに万一のトラブルなど遭った場合の補償に関するものですが内容は違っています。2つの保険を比較すると補償が可能な範囲が多少差別化されているのです。※事故の相手へは、自賠責保険、任意保険の双方で補償します。※自分自身へは、<任意保険>で補償されます。※自分の所有する財産へは、[任意保険]によって補償します。自賠責保険単独では自分自身への手傷もしくはマイカーに向けた補償などの支援は受けられません。また相手方に向けての支援ですが自賠責保険については死亡してしまった時は最大額で3,000万円・後遺障害時上限額四〇〇〇万円などといったように決められているのです。ただし賠償金が前に述べた金額を上回ってしまうことはよくあることに注意しましょう。加えて事故の相手の所有するクルマ・建築物を破壊したケース、害を加えた人による全くの自己負担になるのです。だからこそ任意保険というものが必要となるのです。危害を受けた者に対する救いを主な役割とする任意保険ですが、それとはまた違った独自の補償内容があるのです。※相手へは死亡時もしくは怪我のほかにも、車または家などの所有物を補償してくれます。※自らに対しては、一緒に乗っていた者もひっくるめて、死亡時や手傷を補償するのです。※自己の私有する財産については車両を補償するのです。こういった様々な面における賠償がしっかりしているのが任意保険の長所です。払い込みは必須となることは仕方ないですが相手方のためにもクルマに安心して乗りたいのであれば任意保険というものに契約を結んでおくに越したことはありません。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.entreprise-communication.com All Rights Reserved.