トップイメージ
思いつきもせず思いがけず遭遇してしまうのが事故です。その場面でどうやって行動したかが要因となり、自動車の保険金の額も相当大きく変わってくる場合も予想できますので的確な判断と対処が求められます。思っていないハプニングで慌ててしまえば大切な対処を逃してしまい、後々自分がとても大きな損をする場面もありますので乗用車の事故を起こした場合には落ち着いて以下の対処をします。交通事故をしてしまった時にまずするべきは怪我をした人の確認です。乗用車の事故のすぐ後は頭の中が真白になってショック状態になってしまう場面があり容易に行動できないのが通常です。なので、怪我をした方がいた場合には危険じゃない場所に運んで応急手当をし、救急車を呼ぶなどを行い怪我人の優先に努めることが重要です。救急車を呼ぶ状況では正確な場所を知らせて、不明な場合は辺りの目立つデパートや番地名を伝えて事故の住所を特定できるようにします。その後に警察に電話して車の事故が起きた事そして簡単に状況を連絡します。救急車と警察が来るのを待っている時に怪我人の内容を確認します。姓名、免許証番号、ナンバープレート、事故の相手の保険会社と言った自分だけでなく相手の内容を教えあいます。その場面で事故の相手方に非がある時には、すぐに解決しようとすることがよくありますがその場所で片付けるのではなくどんな状態にかかわらず110番や自動車保険の会社に知らせて正確に確認してもらうようにしましょう。お互いの身元を言ったら他の交通の邪魔にならないために障害物を道路の上から除去します。仮に被害が他者の邪魔になっている状況なら、情報の交換をする以前にこれを行うことは問題はないはずです。この後に自らが入っている自動車保険会社に電話をして、交通事故があった事を知らせます。自動車事故から特定時間内のうちに車の保険会社に連絡しておかないと、保険の適用除外となる場合も想定されますので可能な限り早く連絡を入れることが必要です。可能ならば事故の現場の様子としてタブレットなどで状況やマイカーの破損箇所を見ることができる写真を写しておきます。この証拠写真は落ち度の割合決定する際に重要な糸口とできますので自分自身のクルマや先方の自動車の破損状態をしっかりとカメラに残しておきましょう。この場面で第三者がいればおまわりさんや自動車保険会社が到着するまでその場に待っていてもらうよう頼むのも大切です。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.entreprise-communication.com All Rights Reserved.