トップイメージ

破産申請まで提訴というような法的な手続きは許可されています。

とくに破産申請の事務手続きに進んだあと申し立てまでに余計な時間が費やされた際には債権人に提訴される危険性が高くなります。

債権人サイドにとっては借金の支払いもしないまま破産などの法律の対応もされないといった状態であると企業の中での終了処理を行うことが不可能だからです。

言ってしまえば訴訟の結果どういうふうな決定がもたらされようが破産についての申請人に借金を返済する能力はないといえます。

業者もそのことは納得しており、訴訟行為のような無茶なやり方で、都合よく和解にさせ返金させるとか本人の肉親や血縁者に返金してもらうというようなことを期待している状況も見られます。

(補足)平成17年から改正された新しい破産法では自己破産申請をした後は差し押さえというような司法的な手続きは実効性がなくなることになったのです。

したがって、前の破産法の際と別となり裁判提起をしても無意味になる可能性が高いということで真剣に訴訟行為をしたがる業者はほぼすべていなくなると予想されます。

そういった意味合いでも2005年の1月1日に改正され破産は昔以上に使いやすくなったといえます。

支払督促の際において、支払督促という言葉は、負債人にあてて借金の返却をせよという督促です。

通常の審議をするときとは違って債権人の一方的な意見をもとに進むため普通な法廷のように期間と代金がかかりすぎないので、取り立て会社がよく利用する法的な手段です。

裁判所の督促の手続きがなされた場合、督促状が送付される運びとなって、それが送られてきてから14日間が経った場合取り立て屋は資本(給与も対象として)に対する差押え要求ができるようになってしまうのです。

支払督促に対し異議の申請を送ることができる際は通常の訴訟に移行していくことになると思います。

(補)普通な裁判は長引きますので免責までには裁決が分からない可能性が高くなってしまいます。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.entreprise-communication.com All Rights Reserved.